募集一覧


詳細はこちら


新着記事

 消防領域に命を懸けるベルリング・飯野塁は、なぜDMM.comにジョインしたのか?

「領域問わず、なんでもやる」DMM.comに、異色の会社が仲間入りした。茨城県つくば市で、消防車両の企画・開発を行う株式会社ベルリングだ。
代表を務める飯野塁は、大学在学中にベルリングを創業。学生起業としては珍しいハードウェアを開発するスタートアップで、なおかつ「消防」という至極ニッチな市場に参入した。
資本力・経営知識に乏しい学生世代が、資金を必要とするハードウェア開発に参戦する例はそう多くない。事実、創業後の苦労は絶えなかったという。 それでも飯野が挑戦を辞めなかった理由は、「人に役立ち、未来をつくる。」という理念を実現するためだった。 ビジネスに興味を持ったのは、保育園を経営していた、今は亡き母の影響。消防に興味を持ったきっかけは、消防士の父に憧れたから。


 知見と発想のかけ算で、世界を豊かに。ベルリングの未来をつくる独自のキャリア開発

 DMM.comの40を超える事業部が、各自に行っている人材開発に焦点を当てる連載シリーズ「キャリア開発のツボ」。育成の課題や進展をリアルにお届けしていきます。
今回フォーカスしたのは、2019年にグループインしたベルリング。DMMグループの人事部とタッグを組み、自動車業界とIT業界の特性を活かしたオリジナルの育成制度構築に力を入れています。
本記事では、ベルリング代表の飯野塁と人事総務本部の大嶋悠也が対談。代表飯野が目指す“少数精鋭組織で世の中に新しい価値を生み出す組織”と、その実現に向けた取り組みについて語っていただきました。




社風・チームメンバーについて

Q. 社風はどんな感じですか?

A. 「人に役立ち、未来をつくる」という会社の理念に共感したメンバーが多く、現場課題を解決するものを届けるという、目的達成を最重視する組織風土です。そのため、役職、職種関係なく忌憚なく意見を言い合い、手段もタブーなく検討します。目的達成を最重視するため、自社で完結しようという思想もなく、様々なパートナー様と協業します。

Q. チームメンバーはどのような人が多いですか?

A. 自動車メーカーや特装車メーカーといった、自動車関連業界の出身者が約半分、残りは全くの他業種からの転職者で構成されており、年齢も20代から70代まで幅広いメンバーです。 出身や経験は違えど、会社の理念や「限られた時間で高い生産性で仕事をし、プライベートも大事にする」という、創業者であり代表を務める飯野の思想に共感しているのが皆に共通している点だと思います。

Q. 組織構成はどのような構成ですか?

A. 2021年7月時点では、経営管理部(1名)・渉外部(1名)・営業企画部(2名)・営業部(4名)・生産部(7名)・管理部(2名)・C-CABIN開発PRJで構成されています。




職場環境について

Q. 勤務地はどこになりますか?

A. 基本は新横浜ですが、コロナ渦という事もありリモート勤務が主となっております。 営業は関東圏の消防本部・メーカー・自治体への提案活動を行なっていただく予定です。 お住まいの場所に合わせて担当エリア(東京/神奈川/千葉/埼玉/栃木/茨城/群馬)を検討させて頂きます。

Q. 従業員数は何人ですか?

A. 2021年7月現在で、社員20名(内パート4名)です。




働き方について

Q. 出勤時間に指定はありますか?

A. フレックスです。 (コアタイム11:00~16:00/フレキシブルタイム7:00~21:00)

Q. リモートワークは可能ですか?


A. 可能です。入社直後は、業務と社風に慣れていただくため、原則出社としていただいております。 入社後半年を目安に、週2回程度のリモートワークを許可しています。




福利厚生について

Q. 育児・介護に関する福利厚生はどのようなものがありますか?

A. 育児休業制度、介護休業制度、産前・産後休業制度、子の看護休暇、短時間勤務がございます。

Q. その他休暇制度はどのようなものがありますか?

A. 生理休暇・慶弔休暇・年末年始特別有給休暇などがございます。




交通費や各種手当について

Q. 交通費の上限はありますか?

A. 交通費は月上限5万円まで支給致となります。 ※リモート出社状況によっては実費立替精算になることもございます

Q. 住宅手当はありますか?

A. ございます。本社から8km圏内住所の場合、3万円支給となります。

Q. 出張手当はありますか?

A. ございます。日数に2千円を乗じた金額を支給となります。




事業について

Q. 会社概要を教えてください。

A. こちらをご覧ください。

Q. 企業名の由来を教えてください。

A. 企業名である「ベルリング」は、代表・飯野を育て、 「一度きりの人生、命を燃やせる仕事をしなさい」 という教えを授けた祖母・すずさんの名前に由来。 すずさんの教えに進行形(ING)のニュアンスをつけることで、 「人の役に立つことに、命を燃やしつづける」という企業名です。

Q. ベルリングの強みを教えてください。

A. イノベーションの少ない寡占業界に「企画力×開発力」で機能価値を提供し、「新たな人命救助の形」を創出しています。 営業が徹底的に現場の課題を把握し、その具体的な課題を解決するものづくりを実現する企画力(=課題解決力)がベルリングの強みです。

Q. 今後の方針を教えてください。

A. 第二創業期として、組織化、仕組み化を進め、開発中の新型救急車を量産し、消防事業に次ぐ事業の柱にしたいと考えています。 新たな救急車を市場に広める営業活動と更なる追加開発に注力していく予定です。